↑院長のブログです


↑お世話になった方々のご紹介


↑Q&Aです

 


店舗のご案内

当院は上田市諏訪形、上田電鉄別所線城下駅前にあります。お車をお持ちでない方にも便利なところにあります。駐車場は、施設内に完備しています。クリーム色の一軒家です。

 

施術室は、リラックスできるようやさしい雰囲気でまとめています。
床は、長野県産のカラマツの無垢材を使用、天然の蜜蝋ワックスを塗っています。廊下の壁と天井は、VOC対策セーフコートの塗料を使用しています。
洗濯用洗剤は、純石鹸分99%、抗酸化溶液使用のemina99を使用しています。

 

*鍼灸サロンよつ葉治療院*
2011.6 オープン


営業日 月〜土(日曜日定休)

営業時間
午前=9:00〜 又は 10:30〜(土曜日はありません)
午後=13:30か14:00〜(月・水のみ。火・木・金・土曜日はありません)
夜間=19:00〜21:00
1日4名様限定にて、治療させていただいております。
事前にご予約くださいませ。
*土曜日は夜のみの営業となっております。

*院長 Profile*

院長/いしいゆきこ/鍼灸師


小さい頃は、実家近くの山へ遊びに行ったり、木登りをしたり、とにかく遊ぶのが大好きでした。小学校の頃、なぜか、ケガをした所にヨモギの葉をすりつぶして患部に当てるのを知っていて、近所の子供に手当をしていたのを覚えています。

そう、ヨモギは、お灸のモグサの原料です。

高校時代の愛読書は、与謝野晶子による現代語訳「源氏物語」。短大は文学科国語専攻で、大好きな平安文学「枕草紙」を卒業研究に選びました。このとき、吉本隆明氏の共同幻想論を知り、人の世界の成り立ちに興味を持ちました。このころから、神々の世界、陰陽五行にも興味を持ち始めました。平安時代は、魑魅魍魎の跋扈する時代、病気は祈祷で治す、という時代でしたから。

20才で製造業の会社に就職、総務を任されました。このとき、たくさんの人と触れ合ったことで、学生時代には全く見えなかった「人」の色々な面を見たような気がします。しばらくして、カーショップに転職しました(現在も勤務中です)。

その後、たくさんの方々と出会う中で、たくさんの趣味に出会いました。 演劇、合氣道、香道、茶道、陶芸、写真、トールペイント、クラシックギター、ピアノ、着物、スノーボード、マクロビオティック、フラワーアレンジメント、パソコン・・・。不思議と、「やってみたいなぁ」と心で思っていると、自然とそれができるように、知り合いが誘ってくれたり紹介してくれたのです。どれも一生懸命取り組みますから、それなりの結果もいただきました

演劇では2年目に「紙屋悦子の青春」というお芝居の悦子役(トリプルキャストでしたが一応主役です)をやりました。合氣道は2級までとりました。香道では全国大会にてお筆者をさせていただきました。ものづくりの方では、クラフトフェアへの出展、10人の仲間による展示会を企画したり、コミケへの参加など、たくさんの経験をさせていただきました。

この中で最もわたしの人生における道しるべとなったのは、演劇でした。1年間だけですが、文学座の演出家藤原新平先生に、直々にお稽古と演出をつけていただきました。このとき、「演技は、真似ならすぐにできるけれど、それをしたらダメ。だから、演じ方は教えない。本当にその気持ちになるからこそ、お客さんにそれが伝わるんだ」と教わりました。表現の原点を知りました。

今は、陶芸、香道、オリジナル雑貨づくりをやっています。写真は、不動産物件の写真撮影や、カフェの展示会写真の撮影といった仕事につながりました。パソコン関係では、ホームページの作成や印刷物のデータ作成も行っています。

たくさんの趣味をする中、地元在住でフシギな能力を持つ方々とどんどん知り合うことになりました。そうして、心理学や心理療法、占いやエネルギーワークの世界も知りました。この頃、易経にも興味を持ち完全独学で読破しました。だからこそ、霊感ゼロのこのわたしが、鍼灸の世界に入った時、物質としては存在しない見えない「氣」の概念を、すんなりと受け入れられたのかもしれません。

さて、あらゆる趣味をほぼ同時進行でやり続けた結果、ある時、自分に限界と「もういいや」という満足のような気持ちがやってきました。そうして、人が生きるのに絶対に必要な食べ物か身体に関する仕事をしよう!と決めました。食べ物はあまり興味がなかったので、身体のことを調べているうちに、鍼灸の世界を知り、長野市にある信州医療福祉専門学校に入学、3年の修業の末、国家試験に合格し、はり師きゅう師免許を取得しました。

正直、30才を過ぎてからの勉強は、タイヘンでした。西洋医学で必要となる解剖学、生理学をはじめとして、臨床医学、病理学、公衆衛生学やリハビリテーション、東洋医学で必要な経絡経穴、東洋医学概論、臨床論など、覚えることが満載だったのです。しかし、その基礎が、今の鍼灸の技術を支えてくれていることに間違いありません。

学校では、アロマコーディネーターの講座も受講しました。もともと香りにも興味がありましたので、とても楽しく、ここでオイルトリートメントの基礎も学びました。施術室でも、何種類かのアロマオイルを用意していて、オイルを焚いています。

2015年、養生法を本格的に生活に取り入れ始めました。これは、簡単な体操で、自分の中のひずみを取っていき、健康に過ごすためのもので、ご希望の方には、施術後に少しずつ、やり方をお伝えしています。そのうち、養生法教室も開きたいな、と思っています。鍼灸治療でできることはたくさんありますが、限界があって、やっぱり、ご自身で養生されてこそ本当によくなっていく部分というのはあると思うのです。

そして、見えない世界の、見えない部分が、見える物質(身体)を作っているという確信を持って治療にあたっています。それは、古代中国の「易経」や、鍼灸の原典ともいえる「黄帝内経」に書かれていることですし、何より今までのわたしの実体験の中に、そう思わざるを得ないできごとがたくさんあったからこその確信です。見えない=存在しない、ではないのです。見えなくても存在している、と思うだけで、身体の状態は変わっていくと思うのです。病は、氣から、なのです。

治療では、見える身体にアプローチしますが、実は、見えない「氣」の部分が動いていくのです。その結果、身体が変化するのです。だから、すぐに結果は出なくても、半年、1年経ったとき、何だか違う、何だかいい気がするという方は多いですし、でも、少しずつの変化なので変化は感知しにくくて、変わっていても気づかない方も多いです。でも、それでも良いと思います。変わっていることは確かなのです。

常に変化、成長し続ける、これこそが、恒常性であり、宇宙の法則だと思うのです。気になったらぜひ、治療を受けにいらしてください。お待ちしております。

刺さないから痛くない、やさしいはり治療。
*鍼灸サロンよつ葉治療院*